対人運の正体

今日は対人運というものの真実について偉そうに語っていきたいと思います。

 

よく悪い人とばかり出くわして利用されたり酷い目にあわされたりする人がいます。

かたや健全な精神を持った人達に囲まれている人もいます。

この違いはどこにあるのでしょうか?対人運だから単なる『運』なのでしょうか?

 

結論から言いますと「本人の人を見る目がない」ことが原因であり

いわゆる『運』のようなものは殆ど関係ありません(多少はあります)

実際には皆大体同じように自分にとって関わらない方がいい人に出くわしてるのです。

そこでうまく回避できるか否かが分かれ道となっているのが現実です。

特に友達と思っていた人から裏切られたり酷い目にあわされたりした経験が複数ある人は要注意です。

 

職場というのは基本自分が同僚を選んだわけではないので『無理』な人が周りに出現するのは避けられない、

ある程度は諦めた方がいいのですが友達となると完全に自己責任です。

友達は自分で選べるのでその友達に何か酷い目にあわされたのでしたら

「自分の見る目がなかった」だけの話なのです。

自分の落ち度に目を向ける前に非建設的な他人への憎しみを増大させる人は

典型的な他責思考です、またそのような人がとても多いと最近感じております。

 

憎んでも相手は変わりません。

憎んだのちに嫌がらせなど攻撃に出る人がいますが大体逆効果、

仮にその場では上手く相手を屈服させることが出来ても後々報復されたり

また一度上手くいったことでこのような非建設的なやり方を繰り返しどこかで痛い目にあうでしょう。

 

他責思考の人というのはえてして人をコントロールしようとする傾向があります。

自責思考の人は他人に不満を抱いたとしても相手を改心させようとか無茶な事はしません。

どう折り合いを付けたらよいか考えたり、どうしても無理なら黙ってその人と距離を置くだけです。

そして何より他責思考の人は何かあった時に学習できることが極めて少ないので

長期的にみて自責思考の人と比べて人に騙されやすくなります。

人を見る目というのは確かに持って生まれた勘の良さ、嗅覚の良さみたいなものは確実にあると思います。

ただどんなことでもそうですが後天的にフィードバックを得て学習したことというのは確実に自分の血となり肉となります。

 

何かあったときに確かに恨みつらみを感じるのはある程度仕方ないことかもしれませんが

誰かを恨むまえにまず自分に落ち度はないか、改善できることはないかを考えることが大事です。

その積み重ねが邪悪な人を遠ざけ、澄んだ心の持ち主に囲まれる人生に繋がっていくでしょう。

 

ちなみに、持って生まれた勘の良さという点でカバラと星座で優れているものをあげると

カバラ⇒1

星座⇒射手座、獅子座、牡羊座

が挙げられます。

星座だと火星座ってことですね。

特に射手座は動物的な勘の良さがあるので強力です。

カバラで言えば断然1です。

そもそも勘なんていうのは根拠が曖昧な世界なわけですが

1という数字はよく分からないけど答えが見えているということが起きやすいナンバーです。

閃きに縁があるナンバーともいえます。

また、誕生数は勿論、生まれ日や誕生月が1の人も勘の良さが見込めます。