角度から考える星座の相性~恋愛における30度の関係~

前のページに引き続き恋愛において 何故、30°の関係が惹かれ合うのか を解説していきます。

180°の解説でもお話しましたが、まずそもそも恋愛というのは全く理解できない相手だと厳しいけれど、

『不可解という刺激』と『理解という安心感』のバランスが絶妙だと強力な引力を発生させるという事です。

30°というのは隣同士の関係です。

星座占いを少しかじった事のある方ならお分かりかと思いますが隣同士で似た者同士の組み合わせは1つもないのです。

つまり星座においてお隣さんは異質な存在なのです。

それぞれ隣同士の星座の特徴を見て頂ければまるで違うのは明らか。

それは女性星座の次は必ず男性星座、男性星座の次は必ず女性星座となっている事からも伺えます。

(※男性星座・女性星座についての解説は180°のページをご参照ください)

 

勿論単に異質な存在で片付けられるなら、30°の関係は惹かれ合う関係とは言えないでしょう。

実は星座においてお隣さんというのはリレーで言えばたすきを直接渡し渡される関係なのです。

蠍座があっての射手座、射手座があっての山羊座なのです。例えるなら前世と現世、現世と来世のようなものです。

ここで勘の良い方はお気づきかと思いますが『前の星座は後の星座の事を理解できないのでは?』という疑問です。

tama

実はその通りです。30°の関係は正確に言うと“後の星座が前の星座を好きになりやすい関係なんです。

30°の課題は“前の星座がどれだけ後の星座を理解してあげられるかがポイントになってきます。

ただ『 30°の異質さ 』180°のベクトルの不一致と違い、

(隣同士という事もあり) 歩み寄りやすいので 長期に渡って絆を深めていける結婚向きの関係 です。

出会ったときからそれなりに惹かれ合う関係ですが、

この点だけで言えば180°の関係の方がインパクトがあります。

その代わり 30°は尻上がりに関係性・絆が深まっていく ので

長い目で見れば30°の関係の方が仲良しでいられる可能性が高く、より結婚向きです。

もっとも結婚においても安心感より常にドキドキするような刺激があった方がいいという方には180°の方が良いのでしょうが…

 

【各星座のお隣さんはこうなってるよ!】

牡羊座=(魚座、牡牛座) 

牡牛座=(牡羊座、双子座)

双子座=(牡牛座、蟹座)

蟹座=(双子座、獅子座)

獅子座=(蟹座、乙女座)

乙女座=(獅子座、天秤座)

天秤座=(乙女座、蠍座)

蠍座=(天秤座、射手座)

射手座=(蠍座、山羊座)

山羊座=(射手座、水瓶座)

水瓶座=(山羊座、魚座)

魚座=(水瓶座、牡羊座)

※全て(前、後)の順です

 

『ホットストーン』と『足つぼ』ですっきりスリムに♪

初回半額90分が4000円!